HomePage of Takehiro Yamamoto

Interaction for Search

About Me

山本 岳洋 (Takehiro Yamamoto)

所属

京都大学大学院 情報学研究科 助教

博士(情報学)

〒606-8501
京都市左京区 吉田本町
社会情報学専攻 田中研究室
TEL: 075-753-5395
mail: tyamamot at dl.kuis.kyoto-u.ac.jp

研究活動

研究テーマ

  • 情報検索のためのインタラクション・インタフェース
  • 情報検索におけるユーザ理解

論文リスト

学術論文

  • Jun-Li Lu, Makoto P. Kato, Takehiro Yamamoto, Katsumi Tanaka: Entity Identification on Microblogs by CRF Model with Adaptive Dependency, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E99-D, No.9, to apper, September 2016.
  • 山本岳洋,山本光穂,田中克己:
    役割に基づく協調検索における検索行動分析
    日本データベース学会和文論文誌, Vol. 14, No.14, 2016年3月.
  • 内田 臣了, 山本 岳洋, 加藤 誠, 大島 裕明, 田中 克己:
    経験的属性によるオブジェクト検索
    日本データベース学会和文論文誌, Vol. 14, No.7, 2016年3月.
  • 梅本和俊,山本岳洋,田中克己
    検索専門性と事前知識に着目した検索行動とタスク満足度の関係性分析
    情報処理学会論文誌(トランザクション)データベース(TOD64),
    Vol.7, No.4, pp. 1–16, 2014年12月.
  • 山本岳洋,中村聡史:
    視聴者の時刻同期コメントを用いた楽曲動画の印象分類
    情報処理学会論文誌(トランザクション)データベース(TOD58),
    Vol.6, No.3, pp.61-72, 2013年6月.
  • 中村聡史,山本岳洋,後藤真孝.濱崎 雅弘
    視聴者反応と音響特徴量に基づくサムネイル動画の生成手法
    情報処理学会論文誌(トランザクション)データベース(TOD58),
    Vol.6, No.3, pp.148-158, 2013年6月.
  • 梅本和俊,中村聡史,山本岳洋,田中克己
    Web検索時の行動情報を用いたクエリ修正タイプの予測
    情報処理学会論文誌(トランザクション)データベース(TOD58),
    Vol.6, No.3, pp.132-147, 2013年6月.
  • 梅本和俊,山本岳洋,中村聡史,田中克己
    視線情報からの注目語抽出に基づく検索意図のリアルタイム推定
    情報処理学会論文誌(トランザクション)データベース(TOD58),
    Vol.6, No.3, pp.120-131, 2013年6月.
  • 山本岳洋,中村聡史,田中克己:
    Q&Aコンテンツからの観点抽出に基づくウェブ検索支援
    情報処理学会論文誌(トランザクション)データベース,
    Vol.4, No.2(TOD50), pp.74-87, 2011年6月.
  • 佃洸摂,中村聡史,山本岳洋,田中克己:
    映像に付与されたコメントを用いた登場人物が注目されるシーンの推定
    情報処理学会論文誌「情報爆発」特集号, Vol.52, No.12, pp.3471-3482, 2011年12月.
  • 旭直人,山本岳洋,中村聡史,田中克己:
    比較文集約に基づくエンティティ間の順序関係推定による補間エンティティの発見
    情報処理学会論文誌「情報爆発」特集号, Vol.52, No.12, pp.3527–3541, 2011年12月.
  • 佃洸摂,中村聡史,山本岳洋,田中克己:
    レシピ検索のためのレシピの構造とその安定度を考慮した追加・削除可能な食材の推薦
    電子情報通信学会和文論文誌A 料理を取り巻く情報メディア技術特集号, Vol. J94-A, No.7, pp.476-487, 2011年7月
  • 山本岳洋,中村聡史,田中克己:
    Q&Aコンテンツからの観点抽出に基づくウェブ検索支援
    情報処理学会論文誌(トランザクション)データベース,
    Vol.4, No.2(TOD50), pp.74-87, 2011年6月.
  • 梅本和俊,山本岳洋,中村聡史,田中克己
    ユーザの視線を利用した検索意図推定とそれに基づく情報探索支援
    日本データベース学会論文誌, Vol.10, No.1, pp.61-66, 2011年6月.
  • 山本岳洋,中村聡史,田中克己:
    RerankEverything:ランキング結果閲覧のための 柔軟な再ランキングインタフェース
    情報処理学会論文誌(トランザクション)データベース,
    Vol.3, No.4(TOD48), pp.48-64, 2010年12月.
  • 山本祐輔, 山本岳洋, 中村聡史, 田中克己:
    関連画像集合内における典型度と特殊度を用いた画像の信憑性分析
    日本データベース学会論文誌 Vol.7, No.4, pp.25-30, 2009年3月.
  • 山本岳洋,中村聡史,田中克己:
    Rerank-By-Example:編集操作の意図伝播によるウェブ検索結果のリランキング
    情報処理学会論文誌(トランザクション)データベース,
    Vol.49, No.SIG7 (TOD37), pp.16-28, 2008年3月.
  • 山本岳洋,中村聡史,田中克己:
    Rerank-By-Example:編集操作に基づく検索結果の網羅的閲覧
    日本データベース学会 Letters, Vol.6, No.2, pp.57-60, 2007年9月.

国際会議

  • Zebang Chen, Takehiro Yamamoto, and Katsumi Tanaka:
    Query Suggestion for Struggling Search by Struggling Flow Graph
    Proceedings of the 2016 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (WI2016), pp.224-231, October 2016.
  • Kazutoshi Umemoto, Takehiro Yamamoto and Katsumi Tanaka:
    ScentBar: A Query Suggestion Interface Visualizing the Amount of Missed Relevant Information for Intrinsically Diverse Search,
    Proceedings of the 39th International ACM SIGIR Conference on Research and Development in Information Retrieval, pp.405-414, July 2016.
  • Takehiro Yamamoto, Yiqun Liu, Min Zhang, Zhicheng Dou, Ke Zhou, Ilya Markov, Makoto P. Kato, Hiroaki Ohshima and Sumio Fujita:
    Overview of the NTCIR-12 IMine-2 Task
    Proceedings of the 12th NTCIR Conference on Evaluation of Information Access Technologies (NTCIR-12), pp.8-26, June 2016.
  • Makoto P. Kato, Tetsuya Sakai, Takehiro Yamamoto, Virgil Pavlu, Hajime Morita and Sumio Fujita:
    Overview of the NTCIR-12 MobileClick-2 Task
    Proceedings of the 12th NTCIR Conference on Evaluation of Information Access Technologies (NTCIR-12), pp.104-114, June 2016.
  • Makoto P. Kato, Virgil Pavlu, Tetsuya Sakai, Takehiro Yamamoto and Hajime Morita:
    Two-layered Summaries for Mobile Search: Does the Evaluation Measure Reflect User Preferences?
    Proceedings of the Seventh International Workshop on Evaluating Information Access (EVIA 2016), pp.29-32, June 2016.
  • Kazutoshi Umemoto, Takehiro Yamamoto and Katsumi Tanaka:
    How do Users Handle Inconsistent Information? The Effect of Search Expertise,
    Proceedings of the 31st ACM/SIGAPP Symposium on Applied Computing (SAC2016), pp.1066-1071, April 2016.
  • Takehiro Yamamoto, Mitsuo Yamamoto, Katsumi Tanaka:
    Analyzing Effect of Roles on Search Performance and Query Formulation in Collaborative Search,
    Proceedings of the 1st edition of the International Workshop on the Evaluation on Collaborative Information Seeking and Retrieval (Ecol2015), pp.3-6, October 2015.
  • Jun-Li Lu, Makoto P. Kato, Takehiro Yamamoto, Katsumi Tanaka: Entity Identification on Microblogs by CRF Model with Adaptive Dependency, Proceedings of the 2015 IEEE/WIC/ACM Web Intelligence Conference (WI2015), pp.333-340, December 2015. (Best Student Paper Award)
  • Eunggyo Kim, Takehiro Yamamoto, Katsumi Tanaka: Computing Tag-Diversity for Social Image Search, In Proc. of the 16th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries (ICADL2014), pp. 328-335, 2014.
  • Makoto P. Kato, Matthew Ekstrand-Abueg, Virgil Pavlu, Tetsuya Sakai, Takehiro Yamamoto, Mayu Iwata:
    Overview of the NTCIR-11 MobileClick Task.
    In Proc. of the 11th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies (NTCIR-11), 2014.
  • Yiqun Liu, Ruihua Song, Min Zhang, Zhicheng Dou, Takehiro Yamamoto, Makoto P. Kato, Hiroaki Ohshima, Ke Zhou:
    Overview of the NTCIR-11 IMine Task.
    In Proc. of the 11th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies (NTCIR-11), 2014.
  • Takehiro Yamamoto, Makoto P. Kato, Hiroaki Ohshima, Katsumi Tanaka:
    KUIDL at the NTCIR-11 IMine Task.
    In Proc. of the 11th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies (NTCIR-11), 2014.
  • Makoto P. Kato, Takehiro Yamamoto, Hiroaki Ohshima, Katsumi Tanaka
    “Investigating Users’ Query Formulations for Cognitive Search Intents”
    Proceedings of the 37th Annual International ACM SIGIR Conference on Research and Development in Information Retrieval (SIGIR 2014), pp.567-576, July 2014.
  • Shuhei Shogen, Takehiro Yamamoto, Katsumi Tanaka:
    “A Query Suggestion Interface with Features of Queries and Search Results”
    Proceedings of the 15th International Conference on Web-Age Information Management (WAIM2014), to appear, June 2014.
  • Makoto P. Kato, Takehiro Yamamoto, Hiroaki Ohshima, Katsumi Tanaka:
    “Cognitive Search Intents Hidden Behind Queries: A User Study on Query Formulations”
    Proceedings of the 23th International World Wide Web Conference (WWW2014), pp. 313–314, April 2014.
  • Takehiro Yamamoto:
    “Intent Discovery for Task-oritented Web Search”
    The 8th Korea-Japan Database Workshop 2013 (KJDB2013), February, 2014. (Invited)
  • Takehiro Yamamoto, Satoshi Nakamura:
    “Leveraging Viewer Comments for Mood Classification of Music Video Clips”
    Proceedings of the 36th Annual International ACM SIGIR Conference on Research and Development in Information Retrieval (SIGIR 2013), pp. 797-800, July 2013.
  • Makoto P. Kato, Tetsuya Sakai, Takehiro Yamamoto, Mayu Iwata:
    “Report from the NTCIR-10 1CLICK-2 Japanese Subtask: Baselines, Upperbounds and Evaluation Robustness”
    Proceedings of the 36th Annual International ACM SIGIR Conference on Research and Development in Information Retrieval (SIGIR 2013), pp. 753-756, July 2013.
  • Matthew Ekstrand-Abueg, Virgil Pavlu, Makoto P. Kato, Tetsuya Sakai, Takehiro Yamamoto, Mayu Iwata:
    “Semi-Automatic Nugget Extraction for Japanese One Click Access Evaluation”
    Proceedings of the 36th Annual International ACM SIGIR Conference on Research and Development in Information Retrieval (SIGIR 2013), pp. 749-752, July 2013.
  • Tetsuya Sakai, Zhicheng Dou, Takehiro Yamamoto, Yiqun Liu, Min Zhang, Makoto P. Kato, Ruihua Song, Mayu Iwata:
    “Summary of the NTCIR-10 INTENT-2 Task: Subtopic Mining and Search Result Diversification”
    Proceedings of the 36th Annual International ACM SIGIR Conference on Research and Development in Information Retrieval (SIGIR 2013), pp. 761-764, July 2013.
  • Tetsuya Sakai, Zhicheng Dou, Takehiro Yamamoto, Yiqun Liu, Min Zhang, Ruihua Song, Makoto P. Kato, Mayu Iwata (2013) Overview of the NTCIR-10 INTENT-2 Task, In Proc. of the 10th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies (NTCIR-10)
  • Makoto P. Kato, Matthew Ekstrand-Abueg, Virgil Pavlu, Tetsuya Sakai, Takehiro Yamamoto, Mayu Iwata (2013) Overview of the NTCIR-10 1CLICK-2 Task, In Proc. of the 10th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies (NTCIR-10)
  • Kazutoshi Umemoto, Satoshi Nakamura, Takehiro Yamamoto and Katsumi Tanaka:
    “Predicting Query Reformulation Type from User Behavior”
    Proceedings of the 28th ACM Symposium On Applied Computing (SAC 2013), pp. 85-94, March, 2013.
  • Takehiro Yamamoto, Tetsuya Sakai, Mayu Iwata, Yu Chen, Ji-Rong Wen and Katsumi Tanaka:
    “The Wisdom of Advertisers: Mining Subgoals via Query Clustering”
    Proceedings of the 21st ACM Conference on Information and Knowledge Management (CIKM 2012), pp.505-514, October 2012. [PDF]
  • Mayu Iwata, Tetsuya Sakai, Takehiro Yamamoto, Yu Chen, Ji-Rong Wen and Shojiro Nishio:
    “AspecTiles: Tile-based Visualization of Diversified Web Search Results”
    Proceedings of the 35th Annual International ACM SIGIR Conference on Research and Development in Information Retrieval (SIGIR 2012), pp. 85-94, August 2012. [preprint]
  • Kazutoshi Umemoto, Takehiro Yamamoto, Satoshi Nakamura and Katsumi Tanaka:
    “Search Intent Estimation from User’s Eye Movements for Supporting Information Seeking”
    Proceedings of the 11th International Working Conference on Advanced Visual Interfaces (AVI2012), pp. 349-356, May, 2012.
  • M.P. Kato, M. Zhao, K. Tsukuda, Y. Shoji, T. Yamamoto, H. Ohshima, K. Tanaka:
    “Information Extraction based Approach for the NTCIR-9 1CLICK Task”
    Proceedings of the 9th NTCIR Workshop Meeting on Evaluation of Information Access Technologies (NTCIR-9), pp. 202-207, Dec, 2011.
  • Takehiro Yamamoto, Satoshi Nakamura and Katsumi Tanaka:
    “Extracting Adjective Facets from Community Q&A Corpus”
    Proceedings of the 20th ACM Conference on Information and Knowledge Management (CIKM 2011), pp.2021-2024, Oct, 2011 (Poster paper). [PDF]
  • Takehiro Yamamoto, Satoshi Nakamura and Katsumi Tanaka:
    “RerankEverything: a reranking interface for exploring search results”
    Proceedings of the 20th ACM Conference on Information and Knowledge Management (CIKM 2011), pp.1913-1916, Oct, 2011 (Poster paper).
  • Kosetsu Tsukuda, Takehiro Yamamoto, Satoshi Nakamura, and Katsumi Tanaka:
    “Plus One or Minus One: A Method to Browse from an Object to Another Object by Adding or Deleting an Element”
    Proceedings of the 21st International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA2010), pp.258-266, Aug, 2010, (Short Paper).
  • Takehiro Yamamoto, Satoshi Nakamura and Katsumi Tanaka:
    “RerankEverything: a reranking interface for browsing search results”
    Proceedings of the 19th International Conference on World Wide Web (WWW2010), pp.1209-1210, (Apr, 2010) (Poster Paper).
    [poster]
  • Naoto Asahi, Takehiro Yamamoto, Satoshi Nakamura and Katsumi Tanaka:
    “Discovering Intermediate Entities from Two Examples by Using Web Search Engine Indices”
    Proceedings of the 4th International Conference on Ubiquitous Information Management and Communication(ICUIMC2010), (Jan, 2010).
  • Naoto Asahi, Takehiro Yamamoto, Satoshi Nakamura and Katsumi Tanaka:
    Finding Intermediate Entity between Two Examples on the Web
    11th ACM International Workshop on Web Information and Data Management (WIDM 2009), Hong Kong, pp.83-86, (Nov. 2009) (Short Paper).
  • Takehiro Yamamoto, Satoshi Nakamura and Katsumi Tanaka:
    TermCloud for Enhancing Web Search
    Proceedings of the 10th international conference on Web Information Systems Engineering (WISE2009) ,pp. 159-166,Poznan, Poland, (Oct. 2009) (Short Paper).
  • Takehiro Yamamoto, Satoshi Nakamura and Katsumi Tanaka:
    Reranking and Classifying Search Results Exhaustively Based on Edit-and-Propagate Operations
    Proceedings of the 20th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA2009), pp. 855-862, Linz, Austria (Sep. 2009) (Short Paper). [PDF]
  • Satoshi Nakamura, Takehiro Yamamoto and Katsumi Tanaka:
    SyncRerank:Reranking Multi Search Results Based on Vertical and Horizontal Propagation of User Intention,
    Proceedings of the 9th international conference on Web Information Systems Engineering (WISE2008), pp.125-135, Auckland, New Zealand, (Sep. 2008).
  • Satoshi Nakamura, Takehiro Yamamoto, Katsumi Tanaka:
    Toward Editable Web Browser: Edit-and-Propagate Operation for Web Browsing,
    Proceedings of the 9th ACM International Workshop on Web Information and Data Management (WIDM 2007), pp.73-80, Lisbon, Portugal (Nov. 2007).
  • Takehiro Yamamoto, Satoshi Nakamura, and Katsumi Tanaka:
    An Editable Browser for Reranking Web Search Results,
    Proceedings of the 3rd International Special Workshop on Databases for Next-Generation Researchers (SWOD2007),Istanbul, Turkey, in CD-ROM (Apr. 2007)
  • Takehiro Yamamoto, Satoshi Nakamura, and Katsumi Tanaka:
    Rerank-By-Example: Efficient Browsing of Web Search Results,
    Proceedings of the 18th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA2007) pp. 801-810 ,Regensburg, Germany (Sep. 2007). [PDF]

国内会議(査読あり)

  • 山本岳洋,中村聡史:
    視聴者の時刻同期コメントを用いた楽曲動画の印象推定
    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2012),3A-1, 2012年11月.
  • 中村聡史,山本岳洋,後藤真孝, 濱崎雅弘:
    視聴者反応と音楽的特徴量を用いたサムネイル動画の自動生成
    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2012),2A-3, 2012年11月.
  • 佃洸摂,中村聡史, 山本岳洋, 田中克己
    オブジェクトの典型度分析とその検索への応用
    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2011),2G-1,2011年11月.
  • 山本岳洋,中村 聡史,田中克己:
    QAコンテンツからの観点抽出とそれにもとづくウェブ検索結果の再ランキング
    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2010),2A-2,2010年11月.[PDF] [poster]
  • 旭直人,山本岳洋,中村聡史,田中克己:
    挟みこむ検索:同位語集合の順序を考慮した補間エンティティ及びその系列発見
    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2010),3A-3,2010年11月.
  • 佃洸摂,中村聡史, 山本岳洋,田中克己:
    ソーシャルアノテーションに基づく動画の登場人物の重要度の推定
    Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2010),1B-2,2010年11月.
  • 山本岳洋, 中村聡史, 田中克己:
    RerankEverything: ランキング結果を自由に閲覧するための再ランキングインタフェース
    第17回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2009), pp.41-47, 2009年12月. ベストペーパー賞 [PDF]
  • 旭直人, 山本岳洋,中村聡史,田中克己:
    挟みこむ検索:Webからの補間オブジェクト発見
    楽天研究開発シンポジウム2009, pp.29-32, 2009年11月. 最優秀論文賞
  • 山本祐輔, 山本岳洋, 中村 聡史, 田中 克己:
    関連画像集合内における典型度と特殊度を用いた画像の信憑性分析,
    Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2008)論文集, 2008年12月.
  • 山本岳洋, 中村聡史, 田中克己:
    編集操作を用いたウェブ検索結果の最適化
    電子情報通信学会第18回データ工学ワークショップ第5回DBSJ年次大会(DEWS2007), L4-7, 2007年

国内会議(査読なし)

  • 内田臣了, 山本岳洋, 加藤誠, 大島裕明, 田中克己:
    不確かな順序関係の分析に基づく経験的属性によるオブジェクト検索
    第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016), C2-4, 2016年3月.
    学生プレゼンテーション賞
  • 福地大助,山本岳洋,田中克己:
    動詞クエリの語間の関係性推定に基づくクエリマイニング
    第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016), C4-2, 2016年3月.
  • Zebang Chen, Takehiro Yamamoto, and Katsumi Tanaka:
    Query Suggestion for Helping Struggling Search
    第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016), C4-6, 2016年3月.
    学生プレゼンテーション賞
  • 下野普也,山本岳洋,田中克己:
    ページの階層構造に基づく具体度・詳細度を考慮した手順情報の検索
    第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016), G6-5, 2016年3月.
  • 梅本和俊,山本岳洋,田中克己:
    網羅的情報収集タスクにおける検索結果の未閲覧情報量の提示
    第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016), A7-4, 2016年3月.
    学生プレゼンテーション賞
  • 山本岳洋,山本光穂,田中克己:
    役割に基づく協調検索における検索行動分析
    第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2015), A8-5, 2015年3月.
  • 金 応教, 山本岳洋, 田中 克己:
    ソーシャルキュレーションデータからの観点抽出と画像検索への応用
    第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2015), B1-1, 2015年3月.
  • 廣田 洋平, 山本岳洋, 田中 克己:
    レビュアのプロファイルと評価観点の推定に基づくオブジェクト検索
    第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2015), D3-2, 2015年3月.
  • 内田 臣了, 山本 岳洋, 加藤 誠, 大島 裕明, 田中 克己:
    経験的属性によるオブジェクト検索
    第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2015), D3-5, 2015年3月.
    学生プレゼンテーション賞
  • 山本岳洋,山本光穂,田中克己:
    協調検索における役割と検索行動の関係分析
    言語処理学会第21回年次大会(NLP2015), D5-2, 2015年3月.
  • 大重智志,山本岳洋,田中克己:
    協調検索における検索・閲覧行動の共有とクエリ推薦に基づく制御
    第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2014), B8-6, 2014年3月.
    学生プレゼンテーション賞
  • 金応教,山本岳洋,田中克己:
    画像検索におけるファセットの自動抽出と多様性計算
    第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2014), F5-6, 2014年3月.
  • 加藤龍,大島裕明,山本岳洋,加藤誠,田中克己:
    タスクの汎化と特化に着目したWebからのタスク検索
    第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2014), C1-6, 2014年3月.
  • 山本岳洋,Yiqun Liu,Ruihua Song,Min Zhang,Zhicheng Dou,加藤 誠,大島 裕明,Ke Zhou: 検索意図とタスクマイニング: NTCIR-11 IMineタスクへの誘い, 人工知能学会第5回インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会, 2013年10月.
  • 加藤誠,Ekstrand-Abueg, M., Pavlu, V., 酒井哲也,山本岳洋,岩田麻佑, モバイル「情報」検索に向けて: NTCIR-11 MobileClickタスクへの誘い, 人工知能学会第5回インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会, 2013年10月.
  • 加藤龍,大島裕明,山本岳洋,加藤誠,田中克己:
    語の出現頻度と意味関係分析を用いた Web からのタスク検索
    情報処理学会研究会データベースシステム研究会(DBS157), 2013年7月.
  • 正元修平,山本岳洋,田中克己:
    クエリと解の特徴情報を付与するクエリ推薦インタフェース
    第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2013), C9-4, 2013年3月.
    学生プレゼンテーション賞優秀インタラクティブ賞
  • 梅本和俊,中村聡史,山本岳洋,田中克己:
    検索意図の遷移検出に基づく動的なクエリ推薦に向けた行動ログデータの分析
    第148回 ヒューマンコンピュータインタラクション研究会, 2012年6月.
  • 梅本和俊,山本岳洋,中村聡史,田中克己:
    視線情報を利用したユーザの意図推定とそれに基づく情報探索支援
    第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2011), F8-3, 2011年2月. 優秀インタラクティブ賞
  • 旭直人,山本岳洋,中村聡史,田中克己:
    比較文集約に基づく主観的評価における補間エンティティの発見
    第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2011), F1-4, 2011年2月.
  • 佃洸摂,中村聡史,山本岳洋,田中克己:
    動画インデックスのための登場人物の主役度および脇役度の推定
    第18回Webインテリジェンスとインタラクション研究会, 2010年9月.
  • 中村聡史,山本岳洋,田中克己:
    ページ中の感覚情報を利用したウェブ検索支援
    情報処理学会研究会 ヒューマンコンピュータインタラクション(2008-HCI123MUS75), pp.111-116, 2008年5月.
  • 中村聡史,山本岳洋,田中克己:
    並列検索のための編集操作に基づく同期的再ランキング,第70回情報処理学会全国大会, 6J-6, 2008年3月.
  • 山本岳洋, 中村聡史, 田中克己:
    ウェブ検索結果に対する語ベース適合フィードバック情報の集約によるランキング
    電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ第6回DBSJ年次大会(DEWS2008), B5-1, 2008年3月.
  • 山本岳洋, 中村聡史, 田中克己:
    Rerank-By-Example:編集操作の意図伝搬に基づく検索結果の網羅的閲覧
    夏のデータベースワークショップ (DBWS2007),情報処理学会 研究報告「データベースシステム」, Vol.2007, No.65, pp.447-452, 2007年7月.
  • 中村聡史, 山本岳洋, 田中克己:
    Editable Web Browser: 編集操作の伝播によるウェブ閲覧支援
    情報処理学会研究会 ヒューマンコンピュータインタラクション (2007-HCI-123), pp.59-66, 2007年6月.

受賞

  • 2012年度コンピュータサイエンス(CS)領域奨励賞,視聴者の時刻同期コメントを用いた楽曲動画の印象推定,
  • DEIM2013 優秀インタラクティブ賞, 正元修平,山本岳洋,田中克己,クエリと解の特徴情報を付与するクエリ推薦インタフェース,2013年3月
  • WebDB Forum 2011 企業賞(楽天賞) 佃洸摂,中村聡史,山本岳洋,田中克己,オブジェクトの典型度分析とその検索への応用,2011年11月
  • 2011年度コンピュータサイエンス(CS)領域奨励賞,QAコンテンツからの観点抽出とそれにもとづくウェブ検索結果の再ランキング
  • Best Distinguished Young Researcher Award
    The 3rd International Workshop with Mentors on Databases, Web and Information Management for Young Researchers (iDB2011), 2011年8月
  • DEIM2011 優秀インタラクティブ賞, 梅本和俊,山本岳洋,中村聡史,田中克己,視線情報を利用したユーザの意図推定とそれに基づく情報探索支援,2011年3月
  • WebDB Forum 2010 学生奨励賞,2010年11月
  • WebDB Forum 2010 企業賞(楽天賞)山本岳洋,中村聡史,田中克己,QAコンテンツからの観点抽出とそれにもとづくWeb検索結果の再ランキング,2010年11月.
  • 第17回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ(WISS2009) 「ベストペーパー賞」:RerankEverything: ランキング結果を自由に閲覧するための再ランキングインタフェース(山本岳洋, 中村聡史, 田中克己), 2009年12月.
  • 楽天研究開発シンポジウム2009 最優秀論文賞, 挟みこむ検索:Webからの補間オブジェクト発見 (旭直人, 山本岳洋, 中村聡史, 田中克己), 2009年11月.
  • WebDB Forum 2008 企業賞(チームラボ), 関連画像集合内における典型度と特殊度を用いた画像の信憑性分析(山本祐輔,山本岳洋,中村聡史,田中克己), 2008年11月.
  • 第1回 日本データベース学会 / 電子情報通信学会データ工学研究会
    / 情報処理学会データベース研究会「優秀若手研究者賞」, 2008年6月.
  • 夏のデータベースワークショップ (DBWS2007) 学生発表奨励賞, 2007年7月.

著書、訳書等

共訳

    情報検索のためのユーザインタフェース,Marti A. Hearst (著),田中克己 角谷和俊(監訳),共立出版,2011年4月出版.

解説記事

    山本 岳洋: 私のブックマーク「情報検索インタフェース」, 人工知能学会誌, Vol.28, No. 4, 2013年4月.

報道、活動等

活動

  • Mozilla 勉強会@大阪 にて講演「研究プラットフォームとしての Firefox の可能性」, 2010年2月.

報道

所属学会

  • 情報処理学会(正会員)
  • 日本データベース学会

学会活動等

  • SIGIR2017 Demo Co-chairs
  • ICSC2017 PC member
  • インタラクション2017 PC委員
  • AIRS2016 PC member
  • WISE2016 PC member
  • SPIRE2016 PC member
  • AIRS2015 PC member
  • 情報処理学会 データベースシステム研究会 (SIG-DBS) 幹事 (2016年〜)
  • NTCIR-12 Task Organizer (IMine-2 and MobileClick-2 Tasks)
  • ECol2015 PC member
  • NWSearch2015 PC member
  • 第161回DBS・第119回IFAT合同研究発表会 IFAT担当幹事
  • iDB Workshop 2015 Excursion vice chair
  • KJDB2013 Registration & Liaison Chair
  • NTCIR-11 Task Organizer (IMine and MobileClick Tasks)
  • WISS2013- PC委員
  • WebDB2013 PC委員,レジストレーション担当委員
  • SocInfo2013 Local Arrangement Co-Chairs
  • iDB Workshop 2013 International Relationship Co-Chairs
  • OAIR2013 Program Committee
  • NTCIR-10 Task Organizer (1CLICK and INTENT Tasks)
  • 情報処理学会 情報基礎とアクセス技術研究会 (SIG-IFAT) 委員 (2013年〜)
  • ARG 「Webインテリジェンスとインタラクション」研究会(ARG SIG-WI2) 委員 (2013年〜)

略歴

  • 2003年4月 京都大学 工学部 情報学科 入学
  • 2007年3月 京都大学 工学部 情報学科 計算機科学コース 卒業
  • 2007年4月 京都大学大学院 情報学研究科 社会情報学専攻 修士課程 入学
  • 2008年9月 京都大学大学院 情報学研究科 社会情報学専攻 修士課程 修了
  • 2008年10月 京都大学大学院 情報学研究科 社会情報学専攻 博士後期課程 入学
  • 2011年9月 京都大学大学院 情報学研究科 社会情報学専攻 博士後期課程 修了 博士(情報学)
  • 2009年4月〜2012年3月 日本学術振興会特別研究員
  • 2011年10月〜2012年3月 Microsoft Research Asia インターン (メンター: 酒井哲也 博士)
  • 2012年4月〜2013年3月 JST CREST / 京都大学大学院 情報学研究科 特定研究員
  • 2013年4月〜2013年5月 京都大学大学院 情報学研究科 特定研究員
  • 2013年6月〜2014年1月 京都大学大学院 情報学研究科 特定助教(研究拠点)
  • 2014年1月〜2014年7月 京都大学大学院 情報学研究科 特定助教
  • 2014年8月〜現在 京都大学大学院 情報学研究科 助教